本文へスキップ

今大注目!!!アメリカ生まれの血行促進グッズ

SHUZI製品は、2004年からアメリカで研究開発された、微細振動Shuzi Nano Vibration Technology ( NVT:ナノ・ヴァイブレーション・テクノロジー )を発生し、血流を良くするオシャレな健康グッズの優れ物です。唯単に、腕や足首に巻いておくだけで、血行を促します。薬やサプリメントに頼らない健康法として、全世界で注目を浴びています。

した。

効果

TV番組「とくダネ」と「世界一受けたい授業」に出演され、全国的に注目を浴びているNPO法人国保ヘルスアップ事業支援協議会代表理事の吉田省司氏と私による観察で、毛細血管の血流が驚く程、変化したことを確認しました。SHUZI(シュジ)の効果が証明されました。写真は、TV出演された時の吉田氏と使用された高性能卓上・ハンディ兼用型血流観察装置 Bscan-Proです。

   
   
   

血行障害とは

血行障害とは、文字通り血行(=血液の流れ)に障害が生じている状態のことであり、血液の流れが滞ってしまい、血管の壁が硬くなって血液が流れにくくなる症状です。当然のことながら血液から酸素と栄養の供給を受けている細胞や臓器もダメージを受けます。

 さて、血管の仕組みですが、「身体の隅々に血管が張り巡らされていて、血液が流れている」ということはどなたもご存知だと思いますが、ご自分の体内にどれだけの血管があるかご存知でしょうか?毛細血管の様な極細血管から、大動脈のような太い血管まで全てつなげると、なんと約100,000kmもあります。日本列島の全長が約3,126 kmですから、驚く程の長さです。地球2周半の長さの血管が全身に張り巡らされ、各部に必要な栄養を運んでいるのです。 

これらの血管の血管壁が丈夫で適度なしなやかさを持ち、さらに血液成分や血圧が正常値を保っている状態が理想なのです。

しかし、現代社会では、高血圧、高脂血症、喫煙、ストレスなど様々な原因で血管は蝕まれ、血行障害の状態に陥る方が多いのが現実です。冷え性、肩コリ、腰痛、頭痛、慢性的な疲労、むくみ等も血行障害による症状の一つなのです。

これがエスカレートすると、脳梗塞や心筋梗塞、脳血栓、狭心症など致命的な病気を発症する事態にもなり兼ねません。

こんなところにも血行障害の影響が!!

血管は身体のいたるところに張り巡らされていますので、血行障害の症状も全身に及びます。 特に女性に注意していただきたいのが、婦人科系の症状です。血行障害で腰が冷えると、骨盤内がうっ血し、骨盤にゆがみが生じることにより、子宮の病気や不妊症などを発症しやすくなります。勿論、指先やつま先の冷えの原因も同様です。

血行障害は体内の老廃物の代謝も低下させてしまうため、お肌のターン・オーバーもうまくいかなくなり、大人ニキビ、肌のかさつき、シミ、くすみといった肌トラブルが発生するのです。血行障害は、女性の敵と言っても過言ではありません。「いくつになっても美しくありたい」というのは、女性共通の願いですが、そのためにも血行障害の予防・改善が大切なのです。

また、血行障害による弊害としてもう一つ見過ごせないのが、脳への影響であり、近年メディアでも頻繁に取り上げられている「認知症」です。認知症は、よく知られている「アルツハイマー型」や「変性型」、「脳血管性型」といくつかのタイプに分類されます。ここで注目したいのが、脳血管性のタイプです。血行障害が原因で脳の血管に血栓などが詰まると、脳梗塞が多発します。一口に脳梗塞といっても、大きいものから小さいものまで様々なのです。結果的に脳が破壊され、脳の機能も低下してしまうのです。こうなると、血行障害は、人類の敵ですね。

加えて、ダイエットが上手くいかないのは、基礎代謝が上がらない為であり、血行が良くなると基礎代謝も上がりますので、従来通りの食事をしていると自然に痩せてきます。 SHUZIの利用者の中には、早い方では1ケ月で2kg程痩せた方もいますし、1年半で10kg痩せた方もいます。(人によって効果の程は、異なります)

最近、男性の悩みとされている症状の改善も望めそうです。


色々と血行障害について記載しました。そこで、血行障害にならない為に、薬に頼らないベスト・アイテムが、SHUZI(シュジ)製品なのです。

また、SHUZI(シュジ)製品は、トップアスリートからスポーツを趣味として楽しんでいる方まで、血行が良くなることにより、体全身へ酸素や栄養が運ばれますので、最適なアイテムと言えるでしょう。


ナビゲーション